図書館司書


図書館司書の資格取得・資格試験について述べてみます。

図書館で働く為には
必ず司書資格が絶対必要というわけではありませんが、

図書館司書の資格を持っているのと持っていないのとでは、
採用する側の見方にも多少違いがあるのは事実です。


一生本に囲まれた職場で働いていたいと願うなら、
司書資格を取得する事をお勧めします。


様々な本に対する知識を、自分なりに吸収できると思います。


では、この司書資格の取得方法を見てみましょう。


司書資格取得方法には現在、次の3種類の方法があります。

1、 司書課程・司書教諭課程のある大学に通って取得する方法。

2、 通信教育で取得する方法。

3、 大学等で開催されている講習会に参加し取得する方法。

以上の3種類のうち、
いずれかに該当すればそれで司書資格は取得できます。


すなわち、学歴があればすぐにでも取れる資格と言えるでしょう。


本に関心がある人は、
別の仕事をしながら司書資格取得を目指す方、

図書館司書になるために勉強中の方、
さまざまな形態で司書資格取得を目指していらっしゃることでしょう。

この3種類の方法のうち、
自身のライフスタイルに合った方法を選び、
司書資格取得を目指すとよいでしょう。

このページのトップへ
CO2排出が抑えられる