パソコンの資格


パソコンの資格を取得したいと考えているけど
どんなものを取得したら有利なのかわからないという方のために

少しパソコンの資格について整理したいと思います。


まず、一般的なパソコンの資格として
初級シスアドというものがありましたが、

これは2009年の試験を最後に新試験制度へと移行しました。


パソコンの資格の中でも
プログラマーやシステムエンジニアとして働きたいと考えている方は
基本情報技術者という資格が入門編として多くの方が受験しています。


この基本情報技術者という資格は
受験資格に制限がないことを特徴としているのですが、

情報工学においてエンジニアとして
実務で活躍するためには最も基本となる資格となります。


2009年に情報処理関連の資格は再編されたので、
よくわからないと感じている方も多いと思うので、

もしプログラマやエンジニアとして活躍したいと考えている方にとっては、

パソコンの資格として基本情報技術者は
とるということは必要かと思います。


また、他にも
マイクロソフトが開催している民間資格にMOTというものがあり、

ウィンドウズ用ソフトである「Office」の錬度を測る上で
民間資格でありながらパソコン技術の力を知る上で
大きな指針として扱われています。

ワードやエクセルやパワーポイントなどを使いこなしたいというかたには

MOTは最適な資格かと思います。

このページのトップへ
CO2排出が抑えられる