社会保険労務士


社会保険労務士の資格取得・資格試験について述べてみます。


まず、受験資格は、

・大学で一般教養科目を修了、
または短期大学、高等専門学校を卒業した方。

・司法試験第1次試験または高等試験予備試験の合格者。

・行政書士となる資格を有する方。

・社会保険労務士または弁護士の補助業務など実務に一定年数従事した方。

となっています。


試験方法は、択一式と記述式の両方です。


願書配布期間は、4月中。 (全国社会保険労務士会連合会 試験センター)

願書受付期間は、5月中旬〜下旬頃 、

試験期日は8月下旬頃となっています。

受験料は9,000円です。(郵便局の窓口で払い込み)


受験方法は、
社会保険労務士試験センターより願書を入手し
郵送等にて申込です。


社会保険労務士試験の
択一及び記述式による方法で実施される試験出題範囲は以下の通りです。

・労働基準法及び労働安全衛生法

・労働者災害補償保険法

・雇用保険法

・労働保険の保険料の徴収などに関する法律

・健康保険法

・厚生年金保険法

・国民年金法

・労務管理その他の労働及び社会保険に関する一般常識

以上になります。

このページのトップへ
CO2排出が抑えられる